精子提供の利用について

精子提供で生まれた子どもは日本においても数万人いると言われています。精子提供で生まれるということは非配偶者間人工授精が行われているということです。非配偶者間人工授精の歴史は戦後から始まるとされ、第三者の精子を利用することになりますが、まったくの第三者の場合もあれば親戚や兄弟などの精子を利用することもあったようです。第三者の精子を利用するということは簡単に思えても利用する側にとってはとても勇気のいる決断になるようです。

男性不妊が原因として精子提供を受けることになりますが男性不妊が原因で子どもができずに離婚することもあるといいます。この頃ではお見合い結婚ではなくて恋愛を通して結婚することが多く、せっかく結婚していざ妊娠、出産という時に男性不妊が発覚することが多いといいます。

しかし、女性にとって子供を産むことは人生においての大きなイベントで女性に生まれたからには子供を産んでみたいという話を聞きます。どうしても男性不妊でも子供を産みたいというご夫婦は精子提供をいう道を選び子供を出産することになります。ネットでは精子提供をボランティアでしているひともいるようです。精子提供ボランティア あおい鳥

精子提供を受けるときには男性不妊のご夫婦の旦那さんに精神的な苦痛が伴うと言われています。生まれてくる子どもは本当に自分の子どもではないことになります。書籍などを読むと精子提供で生まれた子どもをやはり愛することができずに疎遠な間柄になるということもあるようです。精子提供を受けるときには旦那さんのケアが求められます。

産まれてくる子どもが自分はどんな人間から生まれてきたのかを知りたいという権利が最近主張されはじめています。しかし現在精子提供者についての情報がわかってしまうと養育費などが請求されてしまうということなる法律になっています。そのため現在病院では精子提供による非配偶者間人工授精を行う病院が減っていると言われています。