精子と卵子の相性による不妊

出産の高齢化

街を歩いていると女性警察官を目にすることが多くなりました。少し前までは男性の職場と思われていた職業にも女性が入り働く機会が増えたようです。また電車などでも女性の運転手や車掌さんでも女性の姿を見かけます。女性の社会進出が増えたことを実感できます。

最近では婚期が男女ともに遅れる晩婚化により妊娠・出産する女性の年齢が高くなりました。しかし女性にとっては辛い話でせっかく結婚して人生のパートナーを見つけても30代となってしまうと、女性はなかなか妊娠しずらくなってしまうもの。女性は生後にあらかじめ卵子の数が決まっていて毎月に減るばかり・・。しかも年齢を重ねるごとに卵子は古くなり状態は悪くなるばかり。妊娠できる卵子が出てくるのは1年に2~3個といいます。そのためか不妊クリニックの数も増えてきました。しかし、その多くが原因不明の不妊と言います。

追記:どうしても相手が見つからないけど子どもがほしい・・
結婚できる相手が見つからず歳を取るばかり・・シングルマザーになってでも、とりあえず妊娠するためだけの相手が欲しいという方はこちらのサイトを参考にしてみてはどうでしょうか。

原因不明の不妊

結婚して愛する人が見つかり子どもが生まれることはとても自然なことす。特に結婚した年齢が遅い人だと「子どもをやっと産める!」という気持ちが強いのではないでしょうか。しかし何らかの原因で不妊となってしまうことはとてもつらいことです。実は女性の年齢原因で不妊の場合を除き、各種検査結果で問題のない原因不明の不妊のケースでは、男女の免疫が一致してしまっているケースがあるといいます。

免疫が一致しているとなぜ不妊となるのか

男性と女性の免疫が一致していると、生まれてくる子どもの免疫に影響が出るためと言われています。免疫は先天的に持っている自然免疫と生まれたあとから得る獲得免疫があります。自然免疫は子供の免疫は母親と父親から半分ずつ受け継ぎます。しかし母親と父親の免疫が似ていると子どもの免疫も似ているものとなり対処できる病原菌やウイルスが減ってしまうことになります。医療のない時代は獲得免疫ない子どもが感染症にかかることは死を意味していました。感染症や病気に強い子どもを産むために免疫が似ている場合は不妊となるのだと考えられています。

精子を取りかえてみるのも選択肢

原因不明の不妊、特に女性は子どもを産むことのできる年齢が限られているため早く子供を産まなければいけないという焦りや不安があるのではないでしょうか。原因不明の不妊が続く場合は免疫一致していることの不妊を疑い、卵子を取りかえてみるというのは難しいですが精子を取り換えてみるというのも選択肢と考えてもいいのかもしれません。

どうやって精子を取りかえようか・・

精子を取りかえてみる時に思い浮かぶのが精子バンクではないでしょうか。海外では精子バンクがとても発達していますが、日本では精子バンクと言えるものはほとんどありません。また病院で第三者の精子を利用して妊娠する場合には医師が許可した場合のみで簡単に利用することが難しくなっています。そんな日本ですが病院やクリニックでの精子利用が積極的に行われていないかわりに、個人の人たちが精子バンクをしています。人によっては精液検査や感染症検査も受けている人がいるようです。病院やクリニックに比べれば簡単に気軽に利用できるかもしれません。ネットを介して知らない人と会うには不安もあるかもしれません、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。